カウンセラーと資格の話

カウンセラーって言われるとなんとなくのイメージは湧きますが、実際にどんな人達で、どんな仕事をしているのかのイメージがつく方はあまりいないのではないでしょうか。というのも、カウンセラー業界はやや閉鎖的なところがあり、また大学生の就職活動のようなものもないので、公の目に触れづらいところがあります。前に出たがらない人が選択することの多い職業であることも一因かもしれませんが…

しかし、2018年に心理業界初の国家資格である公認心理師制度が開始されたこともあり、これから心理に関係する仕事はより公に出てくることになると予想しています。そんな事情もあり、少し我々のことを皆さんに知ってもらいたいなと思い筆を取りました。

さて、カウンセラーと心理師が少しごちゃ混ぜになっているのでまず整理をさせてください。カウンセラーとはカウセリングを生業とする人ですが、これは職業の名前で資格は別の名称であることが多いです。心理業界は民間資格がたくさんあるのですが、一番メジャーな資格は臨床心理士でしょうか。他にも臨床発達心理士、認定心理士など色々な資格がありますが、これらは全て民間資格です。まとめて心理士と呼びましょう。だいたいの方が何かの資格を取得したのちに病院、学校、役所、企業など様々な場所で仕事に就きます。そのため、同じ心理士でも、得意な分野・苦手な分野が生まれます。共通することは人と会い問題解決の糸口を探すことです。そのための一つの方法がカウンセリングです。そして、このカウンセリングという方法に特化し相談者の方のお手伝いをしたいと考える心理士が当ルームのようなカウンセリングを中心に行う場所で、カウンセラーとして勤務をすることになります。

②へ→