日本人の文化的背景

「空気を読む」という言葉はだいぶ一般的な言葉となりましたが、あえて定義づけるのなら「他人に言われなくても周囲の意図することを推測し、周囲の期待に沿った行動をとること」とでも言えそうです。社会生活を営む上で我々にとって空気を読めることはプラスの評価となり、空気を読めないことは特に集団場面でのマイナス要素となりえます。もともと日本人は空気を読むことを当然のように求める文化があります。言いづらいことをお互いに言葉にしない、させないということはある種の思いやりであり、そこにお互いの信頼関係があるとも言えます。一方、「忖度」という言葉が流行ったのはこのような日本人の国民性が極端に現れた部分もあるでしょう。言われていないことをどこまで汲むべきなのか、またどこまで相手の意向を推測するべきなのかという指摘を含んだ一件のように思いました。

空気を読めない人への批判の目

我々が社会生活を送る上で人との関係性は避けては通れません。そして、我が国は自分というものを強く主張するよりも、和を乱さないという行動が尊く評価を得やすいものです。自己主張が強くて和を乱す人物は小学生であっても他の子から批判の対象になることは少なくありません。子供であれ大人であれ、空気を読めないとまずは他の人に距離を取られます。それでも本人が察することができないと、やや露骨な皮肉や中傷の言葉が向けられます。それでも改善をしないと集団から追い出されるということにも発展するようです。ですが、ここに一つの難しさがあります。空気を読めない人に空気を読んで改善することを求めているという難しさです。これは非常に酷なことですし、空気を読めないことを含んだその方の人格は全く尊重しようとしていません。

「空気を読む」ことは過剰サービス?

空気を読めないことへの罰則は厳しいため、我々には空気を読まなければいけないという一つの強迫観念のようなものがあるように思われます。自分が身を守るために空気を読まなければいけないという図式が見えてきます。しかし、空気を読めないことは批判されるべきことなのでしょうか。「空気読めよ」という言葉は定型句のように使われますが、これは自分(達)への思いやりを強制する表現です。極論ですが、「あなたは自分の意見を押し留めて私たちへの思いやりを優先するべきだ」ということです。そうでしょうか?空気を読むことが相手に対しての思いやりであれば、それはあったら嬉しい、なくても仕方ないというものであるはずです。「空気読めよ」という要望は過剰なサービスを当然のように要求しているように思うのです。

「空気を読む」上で気を付けること

いつもどおり前置きが長くなりましたが、ここから2つのまとめを書きたいと思います。まず、空気を読めなくて悩んでいる方にですが、空気を読めるに越したことはないですが、それは+αのサービスです。空気を読めないことで必要以上に自分のことを卑下しないでほしいのです。しかし、空気を読むことが集団適応に求められていることも事実です。自分の提供できるサービス以上のものを要求されて辛いのであれば、それはどなたかに胸の内を明かすべき時なのだと思います。それが職場の上司でもいいですし、難しいのであればカウンセリングの場面で考えることも選択の一つです。次に空気を読めない人にイライラしてしまう方に対してですが、空気を読めないことに怒ることはやや筋違いかもしれません。必要であれば、「空気を読んでほしい」ではなく相手に「○○の場面では△△してほしい」とちゃんと自分の言葉で依頼するべきだと思います。相手が了承したにも関わらずやってくれない時に初めて怒るべきです。

ある学校の先生が、生徒に「空気読めよ」と言われて「なぜ私が空気を読まなければならないのか。あなたはそんなに偉いのか」ということを伝えていたことがあります。年代の近い関係性や上司に向かってこのとおりには言えませんが、確かに「相手がしてくれない」と怒るのではなく、空気を読むことはお願いするものだという理解の方が、お互いに良い関係を維持できるような気がします。いかがですか?