はじめに

 世の中には色々なサービス業がありますが、多くの業態では顧客の都合に合わせて柔軟に時間を調整してくれます。例えば不動産を探す時、例えば美容院に行く時、余程の無理がない限りこちらの要望に応じてくれます。しかし、カウンセリングはそのような気の利いたことはしてくれません。それはなぜでしょうか。

時間の取り決め

 多くのカウンセリングルームが曜日と時間を固定して取り決めます。その時間に遅れても時間の延長はしてくれませんし、時間の変更にも応じてくれないか、応じてくれてもかなり限定的な日時の提案であったりします。柔軟さは各カウンセリングルームの考え方やカウンセラーの寄って立つ理論背景によって幾らか異なります。また、カウンセリングルームだけではなく行政の教育相談室などでも自治体によってはかなり厳格に時間を設定しているところがあります。言い換えれば、心理学を学んだ心理職やカウンセラーの間では、最初に取り決めた時間を厳守するということを、それだけ重要な項目として認識しているということです。

一回あたりのカウンセリング時間

 あちこちのカウンセリングルームのホームページを見ると、だいたい45~50分が多いようです。中にはインテーク面接の時間だけ1時間以上と長めに取っているところもありますが、これはあくまでも最初だけで、継続カウンセリングとなると上記の時間になるところがほとんどです。病院のカウンセリングでは30分以下と短いところもありますが、これは保険診療の中で出来る範囲で行おうとしているためであり、より濃厚なカウンセリングの時間を確保するために保険外として行なっている医療機関も珍しくはありません。

時間設定の根拠は?

 これについては創始者であるフロイトが50分という設定で行なっていたことが大きいようです。おそらくフロイトの思い付きから始まり、現実的な調整を加えてこの時間になったと思われます。そして、その後に続く分析家はフロイトの設定に倣いました。心理学では同じ条件の下で起こる差異を個人差として捉える文化があります。これは実験心理学の影響かと思いますが、多くの分析家が同じ条件(時間設定)の下で分析を行うことで精神分析の効果を検証することが可能になりました。つまり、精神分析の理論を前提とした場合は、この時間を標準として採用しなければならないというわけです。精神分析では時間の規定は鉄の掟であり、時間を都度変化させたフランスのラカンはIPA(International Psychanalytical Association:国際精神分析協会)より事実上の破門を受けています。

 つまり最初はフロイトの都合で決まったものが、科学としての比較対象を可能にするための物差しとなったということです。しかし、ここで注意すべき点は、そもそもこの時間は精神分析の取り決めであったということです。精神分析以外のカウンセリングの理論では必ずしもこの時間である必要はないでしょうし、事実、先の病院の30分内のカウンセリングの中で認知行動療法は十分に機能しています。

心を知るために最低限必要な時間という考え方

 さて、若干のご批判も受けそうですが、おそらく症状を緩和することや現実的な対応方法を考えることを目的としたカウンセリングや相談であれば、時間はより柔軟にできるはずです。しかし、心の奥底を見て自分を知ることを目的とすると、精神分析の視点は必須のものとなるため、必然的に45~50分の時間で行うことになるはずです。そして、ここが大切ですが、当初のカウンセリングの目的が症状の緩和であっても、そのために心の奥底を見る必要があることは少なくありません。時間を一律に設定することで心とより安全かつ大切に向き合うことが可能となり、柔軟に変化させてしまうとカウンセリングの効果を保証できなくなってしまいます。

曜日を固定することの必要性

 次に曜日についてです。「困った時や気持ちが落ち込んだ時にすぐに対応してくれた方が助かる」という意見もありそうです。これはその通りですが危険な考え方でもあります。なぜなら、困ったらすぐに利用できるというのは、「自分が辛い時にいつでも助けてもらえる。だから、カウンセラーにお任せしよう」という依存的な感情を作りやすくしてしまうからです。カウンセラーは将来的にはあなたが自分の悩みに圧倒されず一人で対処できるようになってほしいと思っています。カウンセラーがいないと成り立たない人生では、いつかカウンセラーと別れた時にとても苦しい状況に立たされてしまいます。そのためには、いつでも頼れる存在がいることが大切なのではなく、あなた自身が自分で悩みと対峙する時間(=望んでもカウンセリングを受けられない時間)を作ることも必要となるわけです。このことと、現実的な事情とを擦り合わせた結果、曜日を取り決めてカウンセリングを行うという現代のカウンセリングのスタンダードができたのでしょう。

リズムを作る機能

 もう一つ大事なこととして、時間と曜日を決めるということでリズムが作られることは無視できません。人間は悩みに苦しんでいる時や自分を見失いかけている時は、日々の基盤が揺さぶられており、規則正しい生活を送れなくなっていることが少なくありません。そんな中で、カウンセリングが同じタイミングで設定されることによって、基盤が安定し「自分」という感覚を取り戻しやすくなります。刑務所や少年院があれほど規則正しい生活を送らせる理由もここにあるように思います。なので、できれば最初は毎週でカウンセリングを始めてみる方が良いでしょう。

結論

以上の話をまとめると…

①一回あたりの時間を定めることで精神分析の理論が適用できる。症状緩和を目的としても、心の奥底を見つめなければならないことがあるため、伝統的な精神分析の取り決めを尊重することは重要である。
②曜日を固定することでカウンセラーに会わない時間を作ることができ、この時間には自分をより自立的にする機能がある。
③時間を一定にすることには生活リズムを整える機能があり、この機能には気持ちを安定させる効果も期待できる。

 となります。カウンセリングは融通が利かないと思われている方は少なくないと思いますが、時間を取り決めて厳守することそのものが、治療的であるということが少しでもお伝え出来ていれば幸いです。