人格検査とは

 先日は知能検査・発達検査についてご紹介致しました。今回は人格検査についてまとめています。ところで、今回このコラムを書くにあたり、正式には「性格検査」なのか「人格検査」なのかということで迷いました。調べてみると「性格」は個人のある一部分の傾向であり、「人格」は性格の一部分に留まらず、考え方や思想、知的能力などを総括したより広い意味を持つようです。しかし、ミネソタ多面人格目録(MMPI)は人格検査で、モーズレイ性格検査(MPI)は性格検査ですし、個人を総合的に見ているとは言い難いPFスタディやゾンディテストは人格検査として位置づけられています。一応、定義はありますがそこまで厳密ではないようです。ただ、人格検査の方がより広く個人を捉えようとしているということなので、今回は人格検査で統一させて頂こうと思います。

人格(personality)とは

 では、人格とは何か。諸説ありますがオルポート(Allport, G.W.)によれば「個人の適応を決定する心身の精神力動的な体制のこと」だそうです。つまり、社会に適応するために個人が行なっている心や身体の反応パターンや構え方を統合したものが人格ということです。よく分かりませんね。ざっくりとですが「世の中に適応するために頑張っている個々の在り方」ということでしょうか。

 ここで大切なのは人格というのは適応を目的としているということです。例を挙げると、日本の学校教育では「人格の完成」が目標に掲げられており、これは「適応的に生きられるようになること」と言えそうです。また、人格障害は「本来適応的に生活するための人格が何らかの理由によって不適応的に機能してしまうこと」と言えそうですね。

人格検査の歴史

 人格の研究は古く古代ギリシャまで遡ります。近代になると人格の類型を巡って様々な心理学者たちが人格の型を定義しようとする研究と、そもそも人格の構造がどうなっているのかという研究が行われていきます。現在利用されている人格検査には当然、これらの知見が生かされています。各検査を確認すると個人の人格の大まかな状態を捉えるものから、無意識より湧き上がる力動や防衛を把握しようとするものなど幅が広く、明らかにしようとする側面は検査によって異なっています。そのため、どの検査を用いて何を測定するかは、検査実施者の判断が大きく影響します。

人格検査の種類

人格検査は2つのタイプに分けられます。それぞれ紹介いたします。

質問紙法

 質問紙法は、質問用紙に書かれた文章問題を読み、自分の思うところを答えるものです。その性質上、自分の意識に浮かぶ範囲の回答にとどまるため、より表層的、自覚的な側面を扱っていると言えます。MMPIやYGテストなどはこのタイプになります。自分で意識的に答えられる範囲での測定のため、実施の疲労感はありますがそこまで心を揺さぶられることはありません。

投影法

 代表的なものはインクのシミが何に見えるかを答えるロールシャッハテストです。投影法では、ある反応の中にはその人の心の無意識的な側面や防衛的側面が含まれており、そのような側面を吸い上げることで人格が見ていくという考え方をします。バウムテストなどの描画法やPFスタディなども投影法に含まれます。この検査を実際に受けてみると分かるのですが、実施後の心理的疲労が顕著です。端的に述べると少し気持ち悪くなる感覚があります。これはなぜかというと、無意識的な側面に触れるということは、普段は見ることがない心の部分を外界に晒して眺めることであり、その中には外傷体験を伴うものや自分の受け入れ難い汚い側面が含まれているためです。そのため、実施に伴う負担に耐えられるかどうかを検査実施者が質問紙以上に注意する必要があります。

測定の仕方

 人格検査は検査のタイプも実施方法も様々なので、測定方法は個々の検査でかなり異なりますが、その多くは知能検査と同じように一般的な反応の仕方と比べて、その人なりの傾向や特徴的な点を見出すことが中心となります。しかし、知能検査と違い数量化できない反応も少なくなく、そこは検査実施者の感覚が頼りになります。感覚というと途端に胡散臭くなりますが、検査実施者は同様の検査を何度も行っており、一般的な反応パターンや反応と特徴の関係性などを熟知しています。つまり、検査実施者が物差しになるわけです。そのため、知能検査以上に検査実施者の腕が物を言うとも言えます。

検査を受けられる場所

 人格検査が測定する側面は検査によって異なるのは先程述べましたが、そのため、検査を実施する場面も異なってきます。質問紙法は病院などの医療の場で用いられることもありますが、企業などで社員の様子を知るために行われることもよくあります。例えば、入社試験に性格を問う検査を行うことがありますし、大学生などが行う適職検査や会社員のストレスチェックテストなども広義の人格検査と言えるでしょう。一方、投影法は無意識の深い側面に入り込む危険と実施の困難さがあることから、受けたいと申し出て受けることは少ないはずです。多くが精神科などを受診して治療の中で計画的に実施することになります。余談ですが、ベテランの図工や美術の先生は児童・生徒の描いた絵から性格の大枠を当てられる方がいます。先生方は意識をされていないのでしょうが、これは先程の検査実施者の経験が人格測定の物差しになることと同じ現象が起こっているのでしょう。

検査を受けるにあたっての注意

 さて、ここまでくるとお分かりかもしれませんが、人格検査実施の大きな注意点は投影法の扱いです。投影法は受ける側の心理状態を考慮することと、検査実施者が物差しとして機能できることに細心の注意を要します。事前に自分の置かれている状況を理解してもらった上で信頼できる人や機関に行ってもらうことが大切です。もし初回で話も聞かずにいきなり検査のみをという相談機関があれば少し注意をした方が良いかもしれません。

 また、質問紙では、実施時の状況によって回答が異なることは少なくありません。これは考えてみれば当然のことで、意識的に答えられる部分を答えているわけですから、その時々の様子によって変動はあるのです。なので、結果はあくまで実施時点での結果と考え、生涯にわたって普遍的なものとは考えない方が良いでしょう。

参考図書

 中島 義明 (監修), 新・心理学の基礎知識, 有斐閣ブックス,  2005.
 東 洋(編), 心理用語の基礎知識―整理と検証のために, 有斐閣ブックス,1978.