はじめに

 人に気を使える人は出世するなどと言われるように、我々の社会では人に気を使えることは美徳であり、賞賛されるべき意識として扱われているように思います。一方、「気疲れ」という言葉があるように気を使うことがストレスにつながることも一般的に認知されています。気を使うことが得意な人と、そうでない人がいますが、社会人になるとやたらと気を使えと言われることは多くなり、このことが負担になる方も少なくないのではないでしょうか。

「気を使う」と「気を遣う」

 気をつかうには「使う」と「遣う」があります。辞書を引いても違いが明確ではないのですが、昔は前者が「相手の機嫌をうかがう」などの様子、後者は「思いやりを持って相手のためになることをする」という使い分けがされていたようです。思いやりを持って相手に接することは勿論尊い行為ですが、気疲れにつながるのは「気を使う」という表記の方が良さそうなので、今回は「使う」にしようと思います。ここからは、気を使うことの負担と、気を使うことの背景について考えてみたいと思います。

気を使うことの負担

 気を使うというと取引先への接待や上司への(機嫌を損ねないための)配慮など、大人の生活場面で語られることが多いと思いますが、小中学生でも気を使う子は随分といるように感じます。大人ですと、気を使いすぎて胃痛などの身体症状や気分の落ち込みなどの心理的反応などに現れることがありますが、子どもでは不登校のお子さんなどに気を使う子が少なくない印象です。また、特定の誰かに気を使っていると不本意な気持ちや不快感に耐えられず、他者や家族への八つ当たりなどの行動へ繋がってしまうこともあります。そうなると、気を使うことの負担は当人だけの問題ではなくなってくるでしょう。

気を使うことによる期待

 では、現代人はそんな負担を感じながらもお互いに気を使う関係を求め合うのはなぜでしょうか。気を使ってくれる相手は「良い」人と認識されやすくなり、相互に気を使うことで思いやりに溢れた争いのない社会を作ることに貢献するという側面はあるのでしょう。しかし、個人に視点を落とすと下心があることは否定できず、美しい社会という建前とは異なる心情が潜んでいるように思います。それは、将来、自分に利益をもたらしてくれる期待、自分が罰を受けない期待、過去に相手から受けた恩に対しての清算などであり、随分と生々しい動機があるように思います。
 気疲れを伴う「気使い」では相手への親切な行動と私的な期待による動機の間でバランスを取ることが難しくなることが疲れとなるのかもしれません。

気疲れで現実生活に支障が出ること

 ここまでは一般的な気疲れの話でしたが、中には自分の本心を犠牲にするほどに気を使ってしまう方もいます。自分を下に置いてでも相手を立てないといけない事情があるようです。しかし、ご本人の本心は抑え込まれてしまうので、そこに無理が生じて心身の不調などの症状につながってしまう方もいます。では、このように自己犠牲的に気使いをしてしまう方はどんな事情があるのでしょうか。少し考えてみたいと思います。

幼少時から家族内で頑張ってきた

 家庭の緊張感が高い状態ですと、子どもはとても気を使って過ごすようになります。時には自分の存在が家庭の緊張の原因であるとさえ感じている子もいます。そうすると、家族の緊張を高めないために自然と気を配り、一歩下がった位置に控える性格が身に付いてしまいやすくなります。

対人関係で不安や恐怖を感じてきた

 特定の人物との間で力関係に大きな差があり、相手の言うことに服従しなければならない状態が長く続くと気を使うことが習慣化してしまうことがあります。いじめなどの加害に耐えてきた方もそうですが、端から見ると仲が良さそうにしているグループでも、実は暴力や罰を受けないように相手に合わせて過ごしている方は年齢に関わらずいらっしゃるようです。

相手と同調することが安心へと繋がっている

 何らかの理由で自分の意見を持ち決断をすることが出来ず、相手を立てることで自分を導いて欲しいという期待があると相手の機嫌を損なわないように振る舞うことになるでしょう。そのため、気を使う負担はあるものの当人にも益があるわけです。しかし、それが心身の不調となる程ですと、果たしてこの方法が適切なのかを見直した方が良いと思います。

現状が変化してしまうことへの恐怖がある

 大切な人が自分の元から離れていかないようになどの理由から、気を使うことが自分のコントロールの中に相手を置いておく手段となっていることもあります。この場合、気を使うことの疲れは変化への恐怖から起こるものでしょう。どこか依存的な心性や強迫的な心性を背景としている場合もありますので、ご自身の性格についてよく考えてみる必要があります。

気を使う人のカウンセリング

 知らず知らずのうちに気を使う人は、総じて自分の本心に気付きにくいように思います。それは、本心に気付かないことで自分を守ってきたという歴史が背景にある場合もありますし、なんらかの理由で自分というものがしっかりと形成されていないことが背景という場合もあります。そして、気を使うことでなんらかの期待する結果を得てきた経験があると、気を使うことが習慣的な態度となって、本人も知らず知らずのうちに疲労を重ねてしまうことは往々にしてあるように思います。
 カウンセリングの場面では、現実的な振る舞い方を考えることに加えて、気を使うことで得てきたものを見直していくことが必要となります。特に意識せずに気を使ってしまうという方は自己理解を進めていく過程は必須となるでしょう。