心理職の行う検査

 心理職が相談者の方の性格や能力を把握するために行う検査は様々あります。総称して心理検査と言われることが多いですが、実態はもう少し細分化されています。小学生で心理検査と書かれた本が好きな子も少なくありませんが、当然そのような検査とは違って、多くのテストが結果に対するエビデンスを持っています。今回はその中の一つとして、知能検査・発達検査を紹介したいと思います。しかし、検査の性格上、内容を公にすることで検査の信頼性が損なわれてしまう恐れがあるので、内容や採点方法などを伏せながらの紹介となることをご容赦ください。

知能検査・発達検査の歴史

 心理学の歴史の中ではまず「知能とは何か」ということが議論されました。キャッテルやアイゼンクなどの心理学者が知能を測定するために統計的な手法を用いたことで、知能を客観的に表す手法が生み出されます。知能を測定する検査は1905年のビネー(A. Binet)とシモン(T. Simon)によるもので教育現場で学力的に遅れがある子どもを明らかにし、適切な教育を施すために利用されたのがきっかけです。このテストは今でも改訂が続いており、日本では田中ビネー知能検査Ⅴとして活用されています。続いて世界大戦が始まると、検査の利用は軍隊内で各員の能力を把握し適切な配置を行うための集団検査が開発されていきます。

 1939年にはより成人の知能を正確に測定するためにウェクスラー(D. Wechsler)がビネー式よりも細かく能力面を把握できる測定方法を考案します。これは、現在有名なWPPSI(幼児)、WISC(子ども)、WAIS(成人)の検査へと裾野を広げていき、日本でも多くの機関で活用されるようになります。

 また、日本では京都大学の尽力により乳幼児を対象とした「K式発達検査」が開発されます。こちらも改訂を重ねて、現在は「新版K式発達検査2001」となっています。この検査は乳児さんから実施ができることが特徴です。その他の検査に比べて心理職の技術が求められますが、子どもと楽しく行いながら実施ができる素敵な検査です。

測定の仕方

 知能検査では多くの検査で大規模な予備調査が行われます。その結果をもとに母集団(世間一般の人々)の平均的な得点を割り出し、被験者個人の得点との間で比較を行うことで個人の知能を測定をします。子どもに検査を実施する場合は、一般的な成長と被験者である子どもの成長を比較して、平均的な成長を辿れているかを見ていきます。そのため、成長確認のツールとして利用されることも少なくなく、発達検査と言われることもあります。なんであれ、非常に科学的で手間のかかった手続きを経て世に出されているわけです。

 ウェクスラー式では知能の総合値だけでなく、各能力間でのバランスを見ることができ、このことが重宝される大きな理由となっています。これは一定の差の範囲を設定し、それを超えた値で能力間に差があると、特定の能力が足を引っ張ってしまい本来持っているパフォーマンスを発揮できないと結論づけられます。発達のアンバランスさなどと言われることもありますね。

検査を受けられる場所

 就学前のお子さんでは自治体の保健所や発達センターで検査を受けることが多いです。就学後は自治体の教育相談室や、最近では発達障害の診断に伴って病院で検査を受ける子も少なくありません。成人で初めて検査を受ける方は何かしらの心理的不調を伴っていることが多く、うつ病の治療などで通院を開始し、治療経過の中で検査を実施することが多いようです。

検査実施上の注意

 最近は検査を受ける人は昔よりも増えたのでしょう。一方で、検査を受ければ何かが分かる、何かが変わるという検査至上主義になっている方をたまに見かけます。特に教育領域でこの傾向が強いように思います。検査はあくまでも自分のある側面に気づくための資料であり、問題そのものの対処を担うものではありません。このことを誤ると何か上手くいかないから検査をという話になり、検査実施後に「それで、どうすれば?」と手詰まりになってしまいます。検査は解決の入り口であって、その結果を元に今後の動き方や改善点を考えていくことが大切です。出来るのならば、検査後の方針を一緒に考えてくださる機関で検査を実施する方が良いでしょう。

参考図書

 中島 義明 (監修), 新・心理学の基礎知識, 有斐閣ブックス,  2005.