はじめに

 最近、自尊感情や自己肯定感という言葉が一般的に使われる言葉として浸透してきた気がします。少し調べてみましたが、どちらもself esteemという言葉の訳で同じことを指していると理解して良さそうなので、まとめて自尊感情と呼びます。そして、自信がないことはこの自尊感情との関連で考えていくことができそうです。

自信の元になる自尊感情

 自尊感情とは自分には価値があると思える感情を指します。自尊感情はその方の人生の軌跡を表すものと言っても過言ではないでしょう。なぜなら、幼少期より自分の行動を保護者や友人に認められ、愛されることで自尊感情は育まれ獲得されるからです。自尊感情は大きく2つに分けることができるそうです。一つは特性自尊感情ともう一つは状態自尊感情です。前者は比較的安定して恒常的な自己への評価であり、後者は例えば仕事で失敗すると低下し成功すれば上がるというその時々の状況に左右されるものを指します。自尊感情が高ければ万能的な気持ちとなり、少しくらいの不安は弾き返すことができますが、自尊感情が低い時はちょっとのことで不安になり鬱々とした気分になりやすくなります。つまり自尊感情が高水準に保たれるということはご本人のメンタルヘルスのためにはとても大切なこととなります。なお、状態自尊感情は社会心理学の分野でよく扱われますが、特性自尊感情は臨床心理学の分野で主に話題とされるように思います。

自信がない人とは

 さて、「自信がない人」というのは特性自尊感情が低い人を指しています。つまり、自分の価値を恒常的に認めることができず自分を大切にできない人が自信のない人です。そもそも、「自信がない」という基準は自己評価と客観的な評価が一致しているかどうかです。自己評価が高すぎると自惚れた人と周囲には言われますし、自己評価が低すぎると今回のテーマである自信のない人となるわけです。つまり、自信がないことを直したいということは、適切な自尊感情を獲得したいということになり、かつ、自己評価と客観的評価が一致していることが必要と言えそうです。単に気の持ちようだけの話ということはお分かり頂けたと思います。

 なお、自信がある時とない時を行ったり来たりする方もいますが、これは上記の状態自尊感情に基づくものであり、自己概念の獲得や状況に振り回されることの苦悩がテーマとなりそうです。

自信が持てない事に伴う不利益

 自信が持てない苦痛を一言で表すと、「人生の彩りが欠けてしまう苦しみ」と言えそうです。何をしていても楽しめない、人と深い関係を築くことができない、自分を大切にすることが出来ず達成感を味わうことが出来ない、などの苦しみです。さらに、自信が持てない事の苦しみは当人だけの問題ではありません。その方を大切に思っている人にも寂しい想いをさせてしまうことが往々にしてあります。もし過度に自信が持てないということであれば、大切な人のためにも治療をしていくことを考えてみるのも良いでしょう。

自信が持てない人へのカウンセリング

 さて、ここらからが本題です。自信が持てない人のカウンセリングとは上記のように自尊感情を育てていく過程となっていきます。いくつかご紹介させてください。

認められる体験を積むカウンセリング

 一般的にイメージされるカウンセリングがここに当てはまるでしょう。自信のなさ、それに伴う苦悩をカウンセラーが傾聴し、認められる体験をする時間を持ちます。その体験によって自尊感情が高まってくると主体的に考えることが可能になりますので、その上で未来の過ごし方をカウンセラーと共に考えていきます。また、先程の状態自尊感情が危機的な状態でも認められる体験は必要であり、うつ病などの回復期においては大切な時間となります。

体験を自尊感情に結びつけるカウンセリング

 日々あったことをカウンセラーと話し、その中での努力を話題とします。時にはカウンセラーの方から、少し勇気がいる行動を提案し、その課題を乗り越えることで「できる」という感覚を掴んでいきます。ただし、どんな行動が良いかを選ぶことが難しく、ハードルが高いとさらに失敗体験を積むこととなりますので、どのような行動を行うかはよく話し合ってください。

考え方を変えるカウンセリング

 どうせ自分なんてという気持ちに対して、客観的な視点を取り入れていくようにします。認知行動療法の手法などによって、実際の自分の行動を多面的に捉えていくことで自分の考えを肯定し、結果的に自分で自分を認めていく時間を持つこととなるでしょう。ずっと凝り固まった自信のない自分をほぐすというイメージというでしょうか。

自尊感情を持つことができなかった歴史を振り返るカウンセリング

 先にも述べましたが、自尊感情が育まれなかったことには多かれ少なかれ、その方の環境が影響しています。これは決して保護者の関わり方がという話だけでなく、やむを得ない事情があったり、生来の性格が引っ込み思案であったため他の人が上手に関われず、結果認められる経験=自尊感情を育む経験が少なくなってしまったなどの理由も考えれます。
 このような事情がある場合は、自分の歴史を振り返る過程そのものが自尊感情を高める時間となるでしょう。なぜなら過去の愛された経験を思い出すことで、自分の価値を見つけることが出来るからです。しかし、なかには凄惨な事情などにより愛された経験を見つけにくい方もいます。その方にとっては振り返ることの苦痛は想像に難しくなく、カウンセラーとの間で時間をかけて安全な形で扱っていく時間が必要になります。

おわりに

 最後になりますが、自信が持てないことそのものが自分を守るために機能していることもあります。これは防衛的悲観主義という概念で紹介されておりとても興味深い視点です。関心を持たれた方がいらっしゃれば是非調べてみてください。

参考図書:中島 義明 (監修), 新・心理学の基礎知識, 有斐閣ブックス,  2005.