カウンセリングでの話し方

 インテーク面接からしばらくはこれまでの経緯など色々とお話されることもあるでしょうし、カウンセラーも状況を知るために色々と質問をすることと思います。しかし、しばらくすると「話すことないなぁ」と感じられる方、結構いるのではないでしょうか。カウンセラーが何も話を振ってくれないことでさらに長い「間」が出来てしまうかもしれません。これが何回か続くと来ることに気が重くなってしまいますよね。ただ、ここに少し意識して頂きたいことがあります。それは、カウンセリングの目的はカウンセラーとの話が盛り上がることではありません。悩みや症状の背景にある自分でも気付いていない気持ちを知ることや、カウンセラーとの関係を題材にして自分の対人関係を見直すことなんです。つまり、カウンセラーと話をしていながらも、その時間を遠慮せずに自分のために使っていいんです。これが日常会話の時間と異なる点でしょう。ご存知の方も少なくないと思いますが、現代のカウンセリング文化に多大な影響を与えたフロイト(S. Freud)は、自分では気付いていない無意識の中に症状の原因があることを指摘し、無意識は普通に過ごしていても気付くことが出来ないので気付くための手段として精神分析という方法を考案しました。そう、無意識は自分一人では気付けません。なので、精神分析家との二人三脚が必要だったのです。さて、時代が違いますので今では批判される部分もありますが、普段自分が見ていない視点から見えるようになることは、より広い概念である現代のカウンセリングでも同様です。

 そのための方法として普段は言葉にしないことや思っていても引っ込めてしまうことを、あえて表現することがとても大切なのです。カウンセリング中に「話すことがないな」と思っても、何かが頭の中に浮かんでいることはあるでしょう。それは今の話と全く関係ない日常の出来事やカウンセラーに対しての不信の気持ちかもしれません。日常会話ではまず言葉にしない事柄でしょう。でも、それを言葉にしてみてほしいのです。こういうふっと浮かんだエピソードというのはとても大切な無意識への入り口です。カウンセリングの時間はこのような自分の中に浮かんだ想いを流さずに掴んで言葉にすることが出来る自分のための時間です。「あっ、今こんなことが浮かんだんですけど…」と是非言葉にしてみてください。

③へ