はじめに

 相談機関では最初の面接を「インテーク面接」と呼ぶところが多いです。当ルームでも最初にお越しいただく際の面接をインテーク面接と表現しています。今回はこのことについてご説明させて頂きたいと思っています。

インテーク面接の目的

 インテーク面接ではカウンセリングに入る前に状況を共有することが大きな目的であり、相談内容やこれまでの経緯、今までの生活史などをカウンセラーが教えて頂く意味を含んでいます。そのため、カウンセラーからも様々な質問をさせて頂き相談者の方のことを知ることに努めます。通常のカウンセリングは相談者主導で進みますが、インテーク面接はこの点が大きく異なります。

インテーク面接の受け方

 では、インテーク面接はどのように話をすれば良いのでしょうか。多くの方がこのインテーク面接が最初にカウンセラーと会う機会です。来室に至るまでに大きな苦悩があり、申し込みをすることにも大変な勇気が必要であった方もいらっしゃると思います。まずは、その思いをカウンセラーに伝えてください。これは実は大変難しいことです。初めて会った人間にいきなり胸のうちを明かすことに抵抗がある方はきっと多いでしょう。中にはカウンセラーがどういう人物か分かるまでは話をしたくないという方もいるかもしれません。しかし、今までの経緯やそれに伴うお気持ちを教えて頂くことで我々カウンセラーがお手伝いできる範囲が広がることは間違いありません。可能な範囲で結構ですが、普段の自分よりも少しだけ多めに自己開示をするお気持ちでお話をしてみてください。そして、そのお話をされた後のカウンセラーの様子を気にかけてみてください。あなたの想いと勇気を受け止めてくれる方は信頼できるカウンセラーですし、ここに十分な時間をとってくれないカウンセラーとは今後会っていくかどうかをよく考えた方が良いでしょう。

 ただ一方で、インテーク面接ではカウンセラー側もその他に確認をしないといけない事柄もありますので、「話は変わるのですが」と伝えてくることもあるとは思います。これについてはどうかご理解頂きたい点ではあります。カウンセリングが始まった時に改めてこれまでの経緯をより詳しく教えてください。

インテーク面接でカウンセラーは何を考えているか

 お話をうかがいながらカウンセラーは今後の方針を見出すことに注力をしています。まずは相談者の方の負担の原因がどこにあるのか、対人関係からなのか、現在の環境からなのか、ご本人の性格からなのかなどです。そして、カウンセリングを受けるにあたってどのような心理療法が適しているのかも同時に考えていきます。さらに、それが自分がお引き受けできるのか、それともより専門的な機関などにお願いした方が良いのかにも考えを巡らせます。たまにインテーク面接に行ったのに他を勧められたというお怒りの声を聞きますが、他を勧めてくるカウンセラーというのは考えようによっては非常に丁寧にあなたのことを考えた方とも言えます。「私にはできません」と言うカウンセラーに失望はあると思いますが、無責任にあなたとは会えないという真摯な想いがあるわけですから。また、カウンセリングのタイミングが今ではない方もいます。その場合はカウンセリングを受けることで良い結果に繋がらないためそのことをお伝えすることがあります。

料金や時間などの設定

 インテーク面接の料金や取り決めは機関によってまちまちです。料金は無料~通常のカウンセリングよりも高い料金を設定しているところと幅が広く、時間も通常のカウンセリングと同じか多めの時間を取っているところが多いです。これについては各相談機関の考え方によるところが大きいですが、上記の「インテーク面接でカウンセラーは何を考えているか」の項目のとおり、インテーク面接はカウンセラーの力量が非常に求められる時間でもあるのです。なので、料金を高く設定しているところも決してお金目的ということではありません。ちなみに当ルームは3,000円/45分の後にカウンセリング契約にあたっての説明などを行う時間を別に取っています。これはお話をする時間をしっかりとご用意したいことと、その後、安心納得した上でお越し頂きたいことが理由です。また料金について通常よりも安くしているのは、今後どのようにしていけば良いのかの方向性を心理士の視点で取り急ぎお伝えさせて頂きたいと考えているからです。全く先が見えない状況で悩むことほど辛い事はありません。まずはお話を聞かせて頂き少しでも気持ちをホッとして頂きたい。そのためのハードルを低くしたいと考えての設定となっています。

 余談ですが、「インテーク」というのは走行中の車が空気を取り込むための通気口を指す時にも使用します。「インテーク面接」もまずは外の空気(=カウンセラーの第三者的視点)を取り込む役割を持っているのでしょう。

へ →