はじめに

 我々は日常的に他者と会話をしています。会話とは自分が「話す」ことと、相手の話を「聞く」ことから成り立っているのは確認するまでもないでしょう。しかし、文字にすると当然のことですが、実際にお互いが満足できる会話というのはとても難しいものです。カウンセリングの場では親子間やカップル間での「話を聞いてくれない」という相談が日常的に持ち込まれます。今回はこの「聞く」ということについて考えてみたいと思います。

「聞く」と「聴く」

 さて、「きく」という言葉には二つの漢字があります。「聞く」と「聴く」です。前者は必ずしも聞き手が積極的に耳を傾けることを求められるわけではなく、音声が耳に入るというような機能的な意味です。一方、後者にはより積極的に話し手のことを理解しようという聞き手の姿勢が含まれています。先程の「話を聞いてくれない」という話し手の訴えに対して「聞いているよ」というやりとりはよくありますが、この時の「きく」は聞き手の「聞く」と話し手の「聴いて欲しい」との間でズレが生じています。

「聴く」姿勢とは

 では、「聴く」について考えていきましょう。この姿勢は実はとても難しいものです。なぜかと言うと相手を理解するように聴くというのは、究極的には相手と同じ気持ちを感じられるようにするということであり、その関係になるまでには長い「聴く」時間を要します。そして、多くの場合にこの時間を黙って聴き続けることは難しく、自分の意見を言いたくなったり話を切り上げたくなるものです。その理由は様々ですが、話し手の主張がどうしても受け入れられなかったり、時間がないことなどの理由が考えられるでしょうか。聞き手がこのような自身の心理的、現実的な事情を把握しているのなら良いのですが、意外と聞き手も自分の中に湧いている「聴く」ための姿勢を取りにくい事情に気付いていないことがあります。

話をまとめる

 人の話を聴いているとまとめたくなる欲求が湧いてくることは少なくありません。このことは決して悪いことではなく、特にビジネスの場では話し手の話から要点を抽出してまとめられることは、仕事の能力として評価される力です。しかし、日常の会話はビジネスの場面とは目的が異なります。何かの結論を導くのではなく、会話をしているという時間そのものが目的となっていることが往々にしてあるはずです。なので、「聴く」ことには話をまとめないという聞き手の意識が必要となるわけです。これは、話の流れに身を任せる、話の結論は行き着いた時に考えるという態度です。しかし、忙しい平日などでは、我々はプライベートの時間にもどこかビジネスモードが続いてしまうことがあります。このことが親子間や夫婦間での「聴いてくれない」という訴えに繋がっているように思われます。端的に言ってしまえばオンとオフの切り替えができれば良いのですが、現実的にはなかなか難しいことでしょう。

聴くことは一人にしないこと

 では、人は何故話を聴いて欲しいのでしょうか。ただの伝達の手段であれば、「聴いてくれない」という訴えはこれほど話題にはならないはずです。それは相手に理解してもらえたという感覚が私は一人ではないという安心感を生じるからだと思います。「聴く」ということは、聴覚情報を漏らさないように気を付けることではなく、相手を一人にしないという思いやりを伝達するための行為なのでしょう。つまり「聴いてくれない」と言われた時は「思ってくれない」というメッセージとして受け止めるべきです。

聞き手が意識すべきこと

 そうは言っても、聞き手もどうしても落ち着いて聴けない時はあります。それは当然です。聴けない時は「今は無理」とハッキリと伝えた方が良いでしょう。なんとなく「はいはい」と聞いていると話し手の怒りは溜まりますし、その様子を見て聞き手もイライラしてしまいますので良いことはありません。「今は落ち着いて話が聴けなさそうだから、また今度でもいい?」と切り出せると良いですし、それが言える関係性を作っておくこともまた必要でしょう。ただし、そのような切り出しをしたのなら、どこかで聞き手の方から「こないだの話だけど…」と話を聴けますよサインを送った方が良いでしょうね。お互いに気持ちよく考えや気持ちを伝え合える話し方をアサーションと言います。良書を最後の〔参考〕に紹介しておきますのでご覧ください。

話し手が意識すべきこと

 ここまでは聞き手の話をしてきましたが、「聴いてくれない」という主張には話し手の方にも気を付けるべき点があります。それは、「聴く」ということは人によっては多大なエネルギーが必要になるため、「聴いてほしい」ということは話し手に労をお願いしていることを認識することです。「聴いてくれる」が当然のことだと思うとこの労に目が向きませんし、聴いて貰えないこへの不満をより大きく感じることになります。勿論、非常に気持ちが揺さぶられ今すぐにでも話を聴いてもらいたいということは人間は誰でもあります。その時は聴いてほしいと主張して良いと思います。ただ、「今、自分は気持ちが揺れてしまい、話を聴いてもらって安心したいんだ」という言葉を最初に添えられると良いのかもしれません。

それでも上手くいかない時

 話し手と聞き手が上記のことをお互いに意識してもどうしても上手くいかない時もあります。その場合は、別の原因を考えても良いのかもしれません。厳しいようですが、聞き手は話し手を一人にしても良いと思っていないだろうか、話し手は聞き手の労をしっかりと理解しているのだろうか。このことはそれぞれが自分の気持ちを振り返ってみるべき項目です。そして、このことを改善する気持ちが湧かない関係であれば、お互いの関係を将来的にどのようにしていくかも併せて考える必要が生じてくると思います。

参考

・平木典子(2000). 自己カウンセリングとアサーションのすすめ. 金子書房.