引きこもりの統計

 内閣府が2019年3月に40~64歳で推計61万人、15~39歳で推計54万人の引きこもりの方がいらっしゃると発表し、引きこもりの高齢化が指摘されるようになりました。また、引きこもり始めた年齢も60~64歳が最も多く、従来イメージされていた若者の引きこもり像とは異なる実情が見え始めています。

きっかけ

 同調査では、引きこもりのきっかけは「退職」が最多で、「人間関係」「病気」「職場に馴染めなかった」「就職活動の失敗」と続きます。開始時期が60~64歳が最多ということを考えると職場で居心地悪く過ごすことを強いられたり、リストラに遭った結果も含まれていると考えられます。また、若年層では元々集団場面での負担が大きかったり、いじめや不登校などを経験して学校復帰のきっかけが掴めないまま学籍を失い引きこもりが始まることもあります。人間関係上での傷つきが癒えずに対人場面を恐怖に感じて外出ができなくなることは年齢に関わらずきっかけとなりやすいものです。

背景にあるものは

 引きこもりという状態はそもそもが二次的な状態です。その背景には、発達障害や不安症、適応障害、統合失調症などの精神疾患があることも稀ではありません。これらの疾患や障害をお持ちの方の中には、早期に適切な医療や福祉サービスの利用があれば別の生活を送っていた方もいることだろうと思います。対人場面の傷つきから引きこもりとなった方の中にも、元々上記の傾向があり人付き合いが苦手なことで、周囲の人間との間に軋轢が生じてしまうこともあります。一方、上記のような疾患とは縁がなくとも、他者からの理不尽な扱いにより傷つき、対人場面での不安や恐怖から引きこもってしまう方もいます。これはトラウマ体験に伴う反応と言っても差し支えないでしょう。最後に統計を見る限りはあまり多くはなさそうですが、適切な養育環境に恵まれず、対人場面でのスキルが身についていない場合も社会参加の不安は高くなります。これはご本人の自信のなさや自尊感情の低さが影響していると言えます。

8050問題

 引きこもりの高齢化に伴って問題になるのが、主に生活を支えている保護者の高齢化の問題です。「8050問題」というのは、子供が50歳ごろには保護者が80歳程度になっており、子供の生活を維持することが難しくなる問題を指します。保護者の方も自身が他界した後の子供の生活をどうすれば良いのかという問題に直面します。最近ではファイナンシャルプランナーに子供にいくら残しておけば良いのかを相談しに行く方もいるそうです。

当事者が感じている気持ちを尊重する

 引きこもりの方の報道を見ると、ご本人の怠けや意識に言及する言い回しも多いですが、これは間違いです。きっかけとなる事柄に触れずに責任の所在は本人にあるとするのは社会の課題や支援者の落ち度をごまかすことに繋がるように思います。引きこもりを続けている方は日々、恐怖と戦っているはずです。その恐怖の出口をまずは作っていくことが視点となります。とはいえ、引きこもりの方が自分で相談に来ることはまずありません。外に出ることで自分の置かれている現実を突きつけられ、自尊感情は危機的な局面を迎えることになります。それは文字通り世界が崩壊する不安なのでしょう。それほどの恐怖を感じる場面に自ら出向くことは非常に難しいことですし、ご家族が強制的に引きずり出すようなことも非常に危険な対応になります。

引きこもり問題への対応

 引きこもりのご相談の多くがご家族のご相談から始まります。そして、解決するまでには長い期間を要するのが常です。そのため、まずはご家族や保護者の方がホッとできる時間を作ることが大切です。一つ屋根の下にいる引きこもり当事者のご家族と適度な距離を保つことは難しいため、カウンセリングでその距離を探すことは効果的です。適切な距離を測れるようになったら当事者への関わりが始まります。それには第三者が出向く支援が必要になりますので、まずは、訪問などをしてくれる地域の保健所に相談をしてみるのが一番だと思います。引きこもり支援では「就労を」という話がキーワードになりやすいですが、通常、就労はずっと先の目標となります。まずは、家族で会話が出来るようになること、次に家に来る保健師さんなどとお話が出来ること、など順番にステップを踏む必要があります。保護者やご家族の方に焦るなというのは非常に酷な言葉ですが、やはり焦ることはお互いに傷つく体験となってしまいます。焦る気持ちが出てきたら、第三者である相談機関を利用して欲しいと思います。