発達障害の分類

 発達障害という言葉は随分と周知された言葉になったように思います。主に学齢期の小児領域で話題になることが多いですが、数年前から「大人の発達障害」が指摘され始めたように、決して小児領域のみに留まらない視点となってきました。今更と思われる方もいらっしゃるかもしれませんがDSM-Ⅴと照らしながら少しまとめてみます。

    1. 知的能力障害群
    2. コミュニケーション症群/コミュニケーション障害群
    3. 自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害(ASD)
    4. 注意欠陥多動症/注意欠陥・多動性障害(ADHD)
    5. 限局性学習症/限局性学習障害(LD)
    6. 運動症群/運動障害群
    7. 他の神経発達症群/他の神経発達障害群

 それぞれの詳細についてはまた機会があれば細かく紹介したいと思いますが、器質的な理由から認知機能、運動機能、対人スキルなどの獲得に苦手さがあり、このことが原因で日常生活に支障が出ていることが発達障害の診断には必要です。

発達障害の二次障害

 さて、発達障害そのものの診断も勿論大切なのですが、心理カウンセリングの場面では発達障害は前提であって、そこに伴う情緒が話題となることが多いです。と言うのも発達障害を抱えていらっしゃる方は小さい頃より周りと同じように課題を行うことができず失敗も多いため、叱られることや、馬鹿にされることが多くなります。想像して頂きたいのはそのような環境が毎日続くとどうなるかということです。きっと、登校・出勤することや人との関わりを避けたくなってしまうでしょう。気持ちの面ではどうでしょうか。自分を好きになれず、自信が持てず、誰も理解をしてくれないという孤立感へとつながっていくこともあります。辛い環境が続くことで、うつ症状、社交不安障害、PTSD症状などへとつながっていくこともあり、このような発達障害から起因した情緒面・精神面の症状を「発達障害の二次障害」と言っています。だいたい小学校4、5年性頃から身体の不調や不登校などの訴えが増えていきます。小学生でも周りの人と自分の違いを感じて辛いと言葉にして伝えてくる子もいます。ある成人した発達障害をお持ちの方が「幼稚園から他の人と自分は違うということを明確に感じていた」と言葉にされていました。日本はまだまだ協調することが求められる社会です。発達障害の方は最初は周囲の無理解、続いて悲しいことですが自らを「周りと違う」と捉えてしまう自分自身にも苦しめられてしまうことになります。

大人の発達障害

 医療領域では発達障害の概念は以前からありましたが、一般的なものとして広まったのはここ10年ちょっとの間でしょうか。現在、学齢期のお子さんは自治体などで支援を受けることができますが、成人している方はこの支援が無い時代に生きており、自分も周囲も気付かず、ただただ辛い気持ちで生きてきました。発達障害の特徴から、就業しても仕事の遂行に困難を示すことも少なくありませんが、会社は本人のやる気に原因を求めてしまうため配慮を得ることが非常に難しくなります。現在はむしろ、子どもたちの学校よりも会社という大人の集団の方が発達障害の理解を促していく必要があるとすら思います。

相手を思いやる気持ちが大切

 さて、自分が発達障害とご存知の方はおそらく自分がどういう場面が得意でどういう場面が苦手かを知っている方が多いと思います。それがどのように集団場面・対人場面に影響するのかを日々関わる方に伝えていく必要があるでしょう。というのも、発達障害当事者の方が他の人がどのように見ているのかが分からないのと同じように、他の人も発達障害当事者の方がどのように見えているのかは分かりません。「○○の場面が苦手」と言われても、それがどう現実生活に影響しているのかが分からないのです。どのように伝えるかをあなたの支援者と考えていくことが大切です。次に、発達障害をお持ちの方と学校や会社で関わる方は、まず彼らの視点を時間をかけて聞いて欲しいのです。おそらく「確かに、あなたの窓から見たら○○に見えるよね」と言えるようになるはずです。

 このように考えると発達障害をお持ちの方もそうでない方も相手を思いやって相手を理解するように努める姿勢が大切という点では何ら変わるところはありません。障害の有無によらず「こういうところがあるよね」という会話が自然に出来る関係を作ることが、本来の人付き合いの姿勢ではと思う次第です。