PTSD/トラウマとは

 PTSDという言葉よりもトラウマという言葉の方が日本では周知されているように思います。きっかけとなったのは阪神淡路大震災でしょうか。これは、非常に大きな精神的苦痛を伴う体験により生じた心の傷を指す言葉であり「大きなトラウマがある」などの表現で使われます。このトラウマが原因となって、再体験、回避行動、過覚醒などの反応が日常生活に支障が出るほど強く現れてくると「心的外傷後ストレス障害(PTSD)」と診断されます。PTSD反応自体は人間の危機に対する防衛本能が作動した状態であり、正常な人間の機能なのですが、危機が去ってもいつまでも解除されないことが当事者の方の大きな苦痛となります。PTSD治療には認知療法、薬物療法などが有効とされていますが、最も大切なことは「もう安心だから」と思える環境をしっかりと整え、危機が去ったということを頭だけでなく身体にも知らせることです。と言葉にすると数行ですが、このことを達成するために当事者の方は筆舌に尽くし難い辛さを味わいながら治療に向かっています。また、PTSD症状が現れていなくともトラウマを抱えて苦しんでいる方は少なくはないでしょう。トラウマとどのように付き合っていくかは自分の人生と向き合う上で大きな課題です。

複雑性PTSDとは

 2019年内に改訂される「疾病及び関連保健問題の国際統計分類第11版(ICD-11)]では、複雑性PTSD(complex PTSD)という項目が新たに追加されるようです。この複雑性PTSDとは何かと言うと、命の危険を感じるような出来事に出会いそれに関連して生じる反応がいわゆるPTSD症状ですが、その出来事が一度きりであったか長い期間続いていたかで分類し、後者を複雑性PTSDと呼ぶことになるようです。例えば、交通事故に遭った経験は一度きりの出来事になりますが、児童虐待や長期間の暴力や拘束などでは繰り返し生命の危機を体験することになります。当然、後者の出来事ではより多くの症状に苦しむことになります。通常のPTSD症状の他に、①感情の抑制が困難になること②自分を否定的に捉える傾向が強くなること③対人関係をうまく築けないことの3つが加えられることになります。確かに虐待など長期にわたって凄惨な体験をされた方にはこのような様子が見られます。その意味では複雑性PTSDの概念の導入は当事者の方の状態をより正確に記述しようとする意思が感じられます。

今回の改訂の意義

 この複雑性PTSDがICD-11に掲載することの影響を受けてか、トラウマ関係の書籍が目立つようになってきたように感じます。ただ、心の病やパーソナリティ障害などに苦しんでいられる方は、広い意味でどなたもトラウマを抱えていますし、臨床心理学の歴史を振り返ってみても傷つき体験(それが事実かどうかは別にして)を丁寧に扱う立場をとってきました。なので複雑性PTSDの概念が規定されたからといってカウンセリングで話題としていくテーマが大きく変わることはありませんが、明記されることにはとても大きな意味があります。なぜかというと今まで見識のある精神科医や心理士が経験に基づき共有していた視点がより広く周知されることになり、適切な治療やカウンセリングをより受けやすくなるからです。今回の修正がトラウマに苦しむ方の支援に繋がることを期待します。

 参考図書:精神療法 第45巻第3号―複雑性PTSDの臨床―