町田、相模原、多摩、横浜、川崎の方が多くいらっしゃるカウンセリングルームです。臨床心理士がカウンセリングや心理療法を行なっています。うつ病、家族関係、人間関係、トラウマ、発達障害など、皆様の悩みやご心配事の解決に向けてのお手伝いを致します。
ブログ

コラム

子どもの発達〜中学校〜

はじめに  中学生になると心身ともに急激な成長が見られます。思春期に入り第二次性徴が始まるために気持ちがとても不安定になることも特徴的な時期です。そして、大人で見られるような心の症状を訴える子どもが徐々に現れてくるのもこ …

辛さを感じるための心の準備

はじめに  我々は生きている中で多くの苦難やどうしようもない絶望を体験します。この時に感じる気持ちは当然「悲しい」「苦しい」などの「辛い」という気持ちです。しかし、辛い気持ちを感じるためには、心がある程度成熟している必要 …

カウンセラーと話すには①・町のカウンセリングルーム

はじめに  このシリーズではカウンセラーや心理職と話をするのにどのような場所に行けば良いのか。そしてそこにいるカウンセラーはどのようなことをしてくれるのかを紹介していきます。 カウンセリングルームで出会うカウンセラー   …

カウンセリングの困りごと②・話をすることに抵抗がある

自分の話をすることの抵抗  今更ですが、カウンセリングでは自分の相談事を話題とします。それは自分の症状であったり、自分の悩みであったり、あるいは自分の家族の話であったりと人それぞれですが、いずれにせよ自分に関わる事柄を話 …

カウンセリングの困りごと①・関係のない話を聞かれる

カウンセリングで扱われる話  カウンセリングは何か困りごとや悩みごとがあって相談したい、あるいは自分のことをよく知りたい、苦しい気持ちを除去して欲しいなどの気持ちが動機づけとなっていることが多いです。しかし、カウンセリン …

睡眠の問題との付き合い方

睡眠障害とは  睡眠障害とはどのようなものかを調べてみると、山口祐司先生による「昼間の睡眠に支障をきたすような睡眠状態」という表現がスッキリしていて分かりやすいように思います。日常生活に影響を与えてしまうようであれば、そ …

逆境を乗り越える力/レジリエンス

レジリエンスとは  あまり聴き慣れない言葉かもしれませんが、ストレス社会の現代ではとても大切な指摘をしているのがこのレジリエンスの考え方です。簡単にお伝えすると「逆境にあっても心が折れないでいるための耐性」という意味で用 …

休職中の過ごし方

はじめに  厚生労働省の調査結果を見ると、メンタル不調により1ヶ月以上休職した労働者の割合は労働者全体の0.4%という結果が出ています。また、不調により退職した労働者は0.3%とのことです(平成29年度調査結果)。少なく …

過剰適応の悩みと苦しみについて

はじめに  いわゆる造語なのでしょうが、割と耳にすることが多い言葉のようにも思います。言葉そのものが状態を的確に示しているので、起こっていることがスッと理解されるのでしょう。  ところで、「過剰適応」という言葉はいつ頃か …

ロンドン・ナショナル・ギャラリー展

はじめに  2020年6月より国立西洋美術館にて開催されています。当初は3月に開催される予定でしたが、コロナウィルス感染症の流行に伴い会期が変更となりました。美術館内は感染症予防のために入場制限などの対策を行なっておりま …

1 2 3 8 »

カウンセリングコラム

サイトマップ

 

LINK先

PAGETOP
Copyright © まちだカウンセリング All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.