無感情ということはあり得るのだろうか

 結論からになってしまいますが、生まれつき無感情の人というのはまずいません。何らかの理由で自分の中に流れる情緒にアクセスすることが難しくなっているという表現のほうが適切でしょう。重度の精神病の方の中には情緒的反応が非常に乏しい方がいらっしゃいますが、このような方達でも情緒が動く素因がないのかと言われると違う気もします。何らかの理由によって自分の情緒に気付けなくなり、他者に対して感情を発信することが苦手となるという考え方の方が適切なのかと思われます。本記事もこの前提に立ってまとめてみました。

アレキシサイミアと心身症の関連

 日本語では失感情症などと訳されています。この言葉は感情を失ったのではなく自分の感情を知るための機能に何らかの不都合が生じており、生きた情緒を感じられないという状態を現しています。さて、アレキシシサイミアの状態では気付けないだけですから、日常生活のストレスは当然溜まっていきます。そして、このことが身体症状である(頭痛やめまい内臓器官の不調など)を引き起こすことになります。そのため、心身症ととても関連の深い概念と言えるでしょう。ちなみに、心身症の方は身体の不調を訴えているので、自分の身体感覚には気付けているのですが、徐々に身体感覚にすら気付けなくなることもあるようです。この状態をアレキシソミア(失体感症)と言います。

情緒を掴むことが苦手な人の性格特徴

 自分の情緒に気付き知ることが苦手な人の性格傾向を見てみると、几帳面、神経質、完璧主義などの傾向が強いようです。いずれもストレスを感じやすい性格と言えます。また、コミュニケーションの苦手さがある方も多く、周囲の人に相談することの負担が大きい方も少なくありません。もしかしたら、相談できないという事情が積み重なっていき感情表現を苦手にしたのかも知れませんが、どちらが先かは分かりません。

対人面への影響

 情緒的な反応が乏しい方と一緒に過ごすとどのように感じるのでしょうか。おそらく、多くの方が会話が続かず、緊張感を伴う人間関係にならざるを得ないようになっていくと思います。また、自分の感情を言葉にしないことは相手に自分がどういう人間かを伝えにくくすることでもありますので、人との深い関係を作ることが難しくなることも予想できる点です。

社会適応面への影響

 仕事や学校生活などの社会適応については真面目な性格が功を制してか、問題なくこなしている方が多い印象です。中にはとても能力が高く周囲の人からも高く評価されている方がいらっしゃいます。接客業や営業職の方の中には仕事になると人が変わったようににこやかで愛想が良くなる方もいます。これはご本人も仮面を被っていると自覚していることが多いようです。このような頑張りや人並み外れた努力は尊敬されるべき点ですが、この在り方そのものが自分の情緒的反応を置き去りにした産物のように感じることもあります。

どのような悩みが生じるのか

 さて、ここまででも少しずつ書いてきましたが、自分の情緒に気付けない人は、相手に対して自分の感情を表現することが上手にできずに他者から理解される機会が損なわれるため、深く安定した人間関係の形成が難しくなります。このことは慢性的な緊張感や孤独感を感じる一因となります。また、気付かないことでストレスや身体症状が軽視されやすいので、急に生じる苦痛や不調に苛まなれることもあるでしょう。ご本人には唐突に起きた不幸と体験されるのでしょうが、おそらく予兆はあったのだと思います。

 そしてもう一つ、自分の存在が不確かであるという実存的な悩みが生じます。情緒を感じない世界はモノトーンで自分から離れた世界として体験されます。ここには生きていることの感覚が持てず、日々淡々と過ごす毎日が待っています。

なぜ感情表現が苦手となるのか

ストレスから起こる学習性無力

 まず考えられるのが、現実的なストレスに対する反応です。貧困や暴力などの極限状態で自分の情緒に開けていることは非常に苦しいものです。そのため、感じる機能を閉ざして心を守ろうとします。過度な勉学や過労を求められる環境でも、自分の気持ちを持つことが苦痛となり、感じなくするという防衛が働くことがあります(参考:ブラック企業で働くこと)。これらの状況では自分が抗っても無駄であるという学習が行われて絶望して反応を閉ざす学習性無力の働きを考えることが必要です。

情緒の動きに対する防衛

 次に自分の中の情緒の大きさや欲動に耐えきれずに、心を閉ざすということも考えられます。これはフロイトの言うヒステリーの文脈であり、自分の生々しい情緒や欲望は表面に表すべきではない忌むべきものであるとする考え方が背景にあります。社会的に相応しくない気持ちや文化的に許容されないために抑えようと考えるのかもしれません。また破壊衝動や変わった性癖などを持っていると、これらの情緒を表に出すことは憚られるため、自分の中に仕舞い込むことになるでしょう。

心理療法に進む前の準備として

 感情表現が苦手な人、転じて自分の感情に触れるのが難しい方では、まずはその触れられない現象を自覚することが大切です。これはカウンセラーから直接言われて気付くことも少なくないでしょう。そして、そのことによる現実的な不利益は何かを考えていくことが大切です。その不利益をどうにかしたいと思うのであれば、情緒に焦点をあてて、他者への感情表現を促進できるように心理療法やカウンセリングで考えていくことになります。また、上記で触れましたように、感情に気付けないことの背景にとても大きな心理的事情が影響していることもあります。これはカウンセラーが担う役割ですが、その背景にあるものを推測できるように生育歴や普段の状況などの外的事実を振り返っておく必要があります。

心理療法・カウンセリングで行うこと

 情緒に触れることは多くの心理療法でテーマにしていることですので、多種多様な方法があります。今回はその中の一例を紹介しようと思います。

 自身の情緒を感じるためには、まずは下地を作ることが大切です。自分の内面に目を向ける習慣を身に付けるのです。カウンセラーの導きによって情緒を捕まえることが出来れば問題はありません。精神分析的心理療法などの洞察的視点を持つアプローチが良いと思います。しかし、頭や胸の中にそもそもモヤモヤが浮かんでこないというのであれば、身体に目を向けることから始めてみると良いです。心に目を向けるよりも身体に目を向ける方が取り組みやすいはずです。

 そして、自分の情緒を捕まえることができたら、カウンセラーに対して感情を表現することを試みてみましょう。自分の気持ちをアウトプットすることまでが、この悩みの目標となるはずです。

おわりに

 自分の情緒に触れることは多くの場合に痛みを伴います。ときに想像を超える恐怖を感じることもあるでしょう。同時に、自分がそこにいるという実存的な確認を行うことでもあるので、痛みの先により実感を伴う人生が待っていることも言い添えておければと思います。そして、感情表現へのハードルが下がることで、人間関係でも理解してもらえたという感覚を得ることができるはずです。