はじめに

 我々は生きている中で多くの苦難やどうしようもない絶望を体験します。この時に感じる気持ちは当然「悲しい」「苦しい」などの「辛い」という気持ちです。しかし、辛い気持ちを感じるためには、心がある程度成熟している必要があります。今回はそんなお話です。

辛い気持ちを知覚すること

 辛い体験は言葉にするだけでも大きな苦痛を伴います。なにしろ辛かった体験を振り返り再体験することになるのですから。相手に語らずに自分の中で思い出すことも同様です。多くの場合は心の防衛機能が働き、この辛さを生々しく感じないようにしています。しかし、当然ここではなんらかの無理していますので、時に精神症状として現れてくることがあります。例えば健忘や強迫がそうですし、その結果として引き篭もりや適応障害などの状態につながっていくこともあります。カウンセリングの中で話題に上がる心の症状や行動の様子の多くにはこのような心の防衛が働いていることが少なくありません。

 しかし、この防衛があるが故に心の真実に触れられないということも一方で生じます。つまり、辛い気持ちを知覚するためには、心の防衛をはずしても大丈夫という前提を作ることが必要になります。

なぜ、心は防衛するのか

 心が防衛を必要とするのは心が壊れてしまわないようにするためです。苦痛な体験や絶望的な境遇に置かれてしまった場合は、その状況をありのままに受け入れてしまうと精神的な危機となり、持ち堪えられないことがあります。そのような状態を回避しようとするのは生物としての生存本能なのでしょうが、苦痛の程度が大きければ防ぎきれずに心が修復不可能なダメージを負います。ただし、そのダメージを負っている状態ですら心は辛さと向き合わないようにと配慮をした結果であることもあります。裸一貫で向き合う方がよりダメージが大きいという判断でしょう。それほどまでに「辛さ」という真実と向き合うことは大変な作業なのです。

辛さに耐え抜く能力

 辛いと気持ちと向き合うためには前述のとおり、心の防衛を緩めても大丈夫という状況が必要となります。しかし、緩めるためには自分自身に危機を乗り切るだけの力を備えることもまた必要でしょう。まずは自分が壊れないように持ち堪えられることが優先ですし、そのための土俵を整えることになります。この考え方はレジリエンスの概念で説明がされています。そして、これが辛さと向き合うための準備となります。

辛さを感じられないと

 では、辛さを感じることができない場合、心はその気持ちをどのように処理しているのでしょうか。先程の心の防衛でも少し触れましたが、人によって辛さに蓋をすることや、辛さを別の行動に置き換えるなどして処理をしています。両者の場合とも辛さは自分の中に残っているけど見ることができない状態ですから、一時的には楽になりますが、どこかで心の整理が必要になります。

 辛いがさらに耐えがたいものとなると自分の中に抱えておくことが出来なくなり、外に追い出そうとします。辛いものを心の中に残しておく先程の反応と異なり、そもそも無しにするのです。ここまでしなければならない時は相当の負荷が心にかかっている最中だと思いますが、そもそも外に追い出してしまいますので、ご本人は辛さを感じられなくなります。非常に苦痛な体験をしているはずなのに、どこか他人事だったり平然としている方の中にはこのような心の動きが見られることがあります。

ヘルプを出すことの辛さ

 話が少し変わりますが、そんなに辛いのなら誰かに助けを求めればいいのではないかという意見も当然あるかと思われます。しかし、先程の通り言葉にするまでには多大な勇気が必要ですし、そもそも苦痛な気持ちを外に押し出してしまっている場合もあります。そうすると、いつまで立ってもヘルプを出すことはなく、(端から見れば)ずっと同じく苦しい環境の中で過ごしている状況に置かれることになります。

幸せになることの苦痛

 辛いがあれば、その体験を乗り越えて、より幸せな状況を作ろうという考える事は自然でしょう。しかし、このことにもまた一つの山を越える必要があります。幸せになるということは現在の自分が置かれている状況を受け止めて、辛さと向かい合う作業が必要不可欠になります。この過程があまりにも困難ですと、幸せになるのではなく苦境にずっと身を置いた方が良いという考えが起こります。周囲が前に進むことを促しても「どうせ変わらない」「自分なんて」などの反応で応じようとしないのであれば、そこにあるのは辛さを手放すことの苦痛を感じていると考えることができます。

カウンセリングを受けるにあたって

 辛さの種類はともかく「この辛さを取り除いて欲しい」という相談は少なくありません。しかし、この辛さを取り除くためには前述の通り一度辛い状況に身を置くことが必要になります。そのため、辛さを取り除くという最初の約束に取り掛かるまでに多大な時間がかかることがありますし、辛さを取り除くこと自体が現実的ではなく目的となり得ないこともあります。

 カウンセリングの中では、まずはこの辛さと向き合えるだけの余力や環境があるかどうかが焦点となります。無い場合ではカウンセラーとの間で信頼する人間関係を作り、辛さに向き合える環境を整えるところから始めなくてはなりません。その上で、心の中で辛さの蓋を取る作業や、辛さを外に押し出さずに自分の感情として持てるようにするための作業を行います。どちらにせよ辛さと向き合うためには下地作りが必要であり、長いカウンセリングが必要となるはずです。